本当にそのサプリ安全?絶対に知っとくべきサプリランキングサイト「labdoor」

24時間使えるジムやベストボディ・フィジークなどの大会が盛り上がっている昨今、日本の筋トレ人口は増加傾向にある。読者の多くも仕事や学業だけでなく、筋トレ(スポーツも含む)にも精を出しているのではないだろうか。そんな筋トレをしている人なら、一度はサプリを摂取したことがあるだろう。それでは、サプリを選ぶ条件は何があるだろうか。プロテインを例に取ると、ある人は「1スクープ当たりプロテイン量が重要!」、ある人は「味」が重要、またある人は「値段!」、もしくはトレーナーや憧れのボディビルダーに勧められるがままにサプリを選んでいる人も少なくないかもしれない。このように、人それぞれサプリ選びの条件と優先度付けは様々だろう。

では、サプリの「安全性」を気にしたことはあるだろうか。あなたのいつも愛用しているサプリの安全性に問題は無いだろうか。栄養を補い健康になることや筋肉をつけることを目的で飲んでいるサプリが逆効果をもたらしているかもしれない。今回はNSCA-CPT認定パーソナルトレーナーの筆者が、サプリの安全性ランキングを提供する「labdoor」というアメリカのサービスを紹介しよう。

labdoorとは

「labdoor」は、2012年にCEOのNeil Thanedarによって、サプリの安全性テストの情報を提供するサービスとしてサンフランシスコで創業された。labdoorの安全性テストのプロセスとしては、オンラインや実店舗でサプリを購入し、それをFDA(米国食品医薬品局)認証の試験場でテストをする(材料・混在物質・健康被害がでる物質等が含まれてないか)。ビジネスモデルとしては、広告収入型のためユーザーは完全無料で使用することが出来る。1500万人がこのサイトから実際にサプリを購入しており、Rock Health, Mark Cuban, Y Combinator, and Floodgateなどの著名な投資会社から、2019年10月時点で$6.4Mの投資を受けている。

誰のため

筋トレ初心者の人でサプリを初めて買う人であれば、まずはグーグルで調べることが多いのではないだろうか。単にグーグルの検索結果の上位にある、おすすめのサプリランキングなどを参考にする人もいれば、アメリカのサプリと日本のサプリどちらが良いのか調べる人もいるだろう。一般的にアメリカのサプリは、DSHEA法で成分表記義務、品質基準も高く設定されていることからアメリカの方がサプリの安全性は優れているといった記載があるだろう。ただ、これは一概には言えない。そこで、本当に自分の飲んでいるサプリが安全かどうかを判定するためにこの「labdoor」は存在する。既に愛用のサプリがあり、健康面・筋肉の発達にも役立っているから確認不要と一蹴しないで、本当に健康被害がでないのか一度確認をしておくことをおすすめする。

ランキング

実際に筆者が愛用している、ゴールドスタンダード社のホエイプロテインのランキングを例にとって説明しよう。筆者としては衝撃だった。この安全性ランキングによると、巷では人気のこのプロテインも34位(73.4/100 points)という結果だった。じゃあ何が悪いんだ。以下の写真を用いて、説明しよう。

実際に使ってみた感想

筆者が本サイトを使ってみて評価しているポイントとしては、デザインの見やすさということに加え、会員登録も不要、そして無料で全てのランキングを閲覧することが出来る点だ。全ての詳細レポート(材料の安全性が低いけど何でなのか等)が見たい場合は会員登録が必要だが、登録をするとしても無料なので問題ない。また、日本人で英語がわからないという人でも、テスト結果は全て同じ項目で評価されているので、一度グーグル翻訳をかけて覚えてしまえば問題ないだろう。

米国在住であれば、”BUY IT NOW”をクリックすると、提携先のリンクボタンがあり、そこにある提携先の企業から簡単に購入することが出来る。もちろん、情報だけ見て、購入はいつも買っているお気に入りのサイトから購入するのもユーザーの自由だ。

もちろんハイクオリティの物は高くなるので、自分のお財布とも相談して無理のないようにしてほしい。最近非常に人気が上がっているMy Protein社のプロテインに関しては、コストパフォーマンスに加え本サイトの安全性ランキングでも2位ということで、お金をセーブしてクオリティの良いものを摂取し続けるならMy Protein一択になるのではないだろうか。実際に普段気にしていない観点で健康被害の恐れが潜んでいるかも知れないので、もしひと手間を惜しまない健康志向の人は、このサービスを使ってみてはどうだろうか。