アメリカで風邪を引いた時の定番薬、ナイキルとは?

アメリカでハードな生活を送っていると、風邪を引いてしまうこともあるだろう。でも、日本にいたときのように気軽に病院にも行けないし、薬局でどの薬を買ったら良いかわからないと迷う方も多いのではないだろうか。

そんな時にアメリカで定番の風邪薬になっているのはNyquil(ナイキル)だ。

ナイキル
Source: Vicks

ナイキルはシロップタイプの薬で、寝る前に付属のフタ一杯分の量を取る。味は、すごくアメリカンな激甘のチェリー味だ。アメリカンなお菓子が好きな筆者としては、割と美味しく感じるが、もしその味がどうしても無理だという方はカプセルタイプもある。

初めてナイキルを飲んだ人は色々な意味で驚くことになる。まず、飲んで30分以内に来る強烈な眠気。ベッドに入った瞬間、頭がボヤーっとしてきてあっという間に爆睡できてしまう。実際、その高い催眠効果を目的にナイキルを摂る不眠症の人が多数いたくらい、その効果は強烈だ。( その後、Vicksはナイキルの眠くなる成分だけを集めたZzzQuilという製品も出している。)

zzzquil
Source: Vicks

そして、次に驚くのはその効果だ。ナイキルのおかげでぐっすり眠り、朝起きると風邪がすっかり治っている。昔から風邪を引いた時には寝るのが一番と言われているが、まさに睡眠の効果を感じられる瞬間だ。忙しい人にとって、一晩で風邪が治ってしまうのはすごく大きなメリットだろう。その効果の高さから、アメリカ留学や駐在を経験した人で、ナイキルを買い溜めして日本に帰る人は多いという。

さて、そんな最強の風邪薬ナイキルは、定番なだけあって、アメリカのどのドラッグストアでも買えるし、セブンイレブンなどのコンビニでも買えることが多い。体調に異変を感じたら、帰りにサッとナイキルを買って、悪化する前に治してしまうというのがアメリカ人流の風邪の治し方だ。

ちなみに売り場に行くとナイキルとパッケージがすごく似ているデイキルという製品もあるので、そちらを選ばないように注意。こっちは昼用の薬で、飲むと爆睡できるどころかギンギンに目が醒めてしまう。

Dayquil
Source: Vicks

最後に注意点だが、ナイキルにはアルコールが10%も含まれているので、お酒を飲めない人は飲まない方が良い。また、薬で過去になんらかのアレルギー反応が出たことのある人は、ちゃんとかかりつけの医師に相談してから使おう。


ストレスや忙しさで、体調を崩しかけることの多いアメリカ生活において、ナイキルはあなたの強い味方になってくれるだろう。風邪に負けず、引き続き頑張っていこう!