ジム諦めた人必見!家で筋トレするときに揃えたい器具5選

毎日忙しく勉強や仕事をしていて体を鍛えたいけど鍛えられない、はたまた、ジムへの投資をしたくない初心者の方は少なくないと思う。筆者も、仕事や勉強が忙しすぎるときは、ジムを契約していても行けないときが多かった。そして時間的に行けないときもあるが、体力的に疲れてしまうことを恐れて避けていた記憶がある。そこで、今回はパーソナルトレーナーの資格を持つ筆者が、多忙でジムに通えない人と筋トレ初心者向けに、家で効果的に筋トレをするための筋トレ用具を5つ紹介しよう。(注:筋肉をつけたい人向けでありダイエット向きではないことを予めご了承いただきたい。)

1.可変式ダンベル

アマゾンリンク

まずは定番のダンベルだ。筋肉を大きくしたい人でも片方15キロの重さがあれば十分だろう。重さにこだわると言うよりは、きちんと筋肉が刺激されていることが重要になってくるので、可変式のダンベルをおすすめしたい。鍛え方、鍛える部位によって重さを変えれることはもちろん、収納スペースを最小化したい人に最適だからだ。特におすすめしたい種目はこれだ。

腕(二頭)
・アームカール
・ハンマーカール
・インクラインアームカール(もしベンチや椅子があれば)
腕(三頭)
・フレンチプレス(筋トレなれしている人はワンハンドも有効)
・テイトプレス
・トライセップスエクステンション
肩(三角筋)
・アップライトロウ
・サイドレイズ

2.可変式バーベル

アマゾンリンク

ダンベルの他にバーベルも必要なのかと思った人は多いだろう。しかし、上記でおすすめしたダンベルはバーベルにすることも出来るのだ。それであれば、バーベルも使いこなして効率的に鍛えるのはやぶさかではないだろう。特におすすめしたい種目はこれだ。

腕(二頭)
・バーベルアームカール
背中
・デッドリフト
・ベントオーバーロー

・スクワット

3.チューブ

アマゾンリンク

うちのお母さんがチューブやってるから、チューブでの筋トレは少し抵抗あるな。。。という方は、我慢して聞いてほしい。チューブは筋トレ、特に上半身の腕・肩・胸を鍛えるのに非常に最適だ。ジムに通っていた人であれば、ケーブル種目を行うことは多かったのではないだろうか。このケーブル種目の代替となるのがチューブだ。ケーブルと同じくチューブも、鍛えている間負荷がかかりつづけてくれる。そして、ダンベルやバーベルなど重たい重量で行う前のストレッチ種目として筋肉を温めるためにも使える。

4.アブローラー

アマゾンリンク

一度は使ったことがあるのではないだろうか。アブローラーは最もきつい腹筋種目の一つだ。筋トレを長年やっていて、腹筋がバキバキに割れている人でも出来ない人がいるくらいだ。そのくらい負荷が高く、効率的に鍛えることが出来る。そんな負荷の高いアブローラーは難易度が高すぎるという人がいるだろう。そんな方には、最初立って行い、限界になったら膝をついてもらうことをおすすめする。

5.ヨガマット/ストレッチマット

アマゾンリンク

マルチパーパスで使えるヨガマットも必携だ。ドンキで適当に選んだ薄いヨガマット(4mm以下)はおすすめしない。特におすすめしたいのは8mmの厚みがあるヨガマットだ。太いヨガマットだと、ストレッチでくるぶしが痛くなることを防げたり、腹筋で尾てい骨が気になって途中で断念ということが防げる。これを持っていれば、毎日のストレッチに加え、アブローラーで膝をつくために使うことも可能だ。また、バーベルを使うときに床を守ったり、バーベルを下ろす際の音を吸収するためにも使える。

これで言い訳はできない

これらの道具さえ揃えれば、家にいながらにして全身を効率的に鍛えることができ、筋肉の維持だけでなく筋肥大も出来てしまうだろう。これであなたも、太くたくましい腕と肩、大きく凹凸のある背中、健康的な足、そして大きくバキバキに割れた腹筋を手に入れるだろう。来年の夏のビーチで注目を集めるためにも、家で手軽に筋トレをしよう!